プランナーから一言アドバイス

 このコーナーではお客様からお寄せいただいた疑問や質問、エクステリアの様々なポイントを誠心誠意をもってみなさまにお伝えします。お客様が感じた素朴な質問や聞きにくい質問などをお待ちしています。

きれいな庭を長く美しく保つために

 イメージ最近、玄関まわりやお庭を花や樹で美しく飾っておられるお宅が本当に増えてきました。あるところではガーデニング競争かと思うほどご近所中が花や樹で埋め尽くされています。住んでいる者だけでなく、道ゆく人の目と気持ちを楽しませてくれるものではありますが、問題なのはお手入れ、植物を植えているスペースが広くなればなるほどお手入れに時間がかかるのは当然のこと。「時間がなくてできない。」とか「草むしりや土いじりは苦手」と理由は様々です。「だけど庭はきれいにしたいし、季節ごとの花を楽しみたい。」そういった方に良くお会いします。
 ご近所やテレビ・雑誌に影響されて、「うちの庭もこんなふうになったらいいな。」お気持ちはよ〜く分かります。そこで、お手入れが苦手、面倒であれば、それなりの工夫をしましょう。
 まずは、植栽スペースを限定します。(これくらいなら自分で手入れできると思える範囲かそれより少し小さめのもの)植栽スペース以外で土があれば砂利、レンガ、石などを敷いて雑草などが生えてこないようにします。モルタルベースにしなければ植栽スペースを増やしたい場合に便利です。地植えする草花は、多年草、宿根草、球根などをうまく使うと植えかえる手間を多少省くことができます。
 そして、コンテナ(鉢植え)をうまく利用しましょう。季節を楽しめるコンテナをいくつか作っておくなら、見頃となったものを玄関先や庭においてみます。たくさん植えていなくても感じの良い空間を演出することができます。
 このように、庭を長く美しく保つためには、お手入れがどの程度できるかに依存してきますから、ご自身が楽しみながら管理できる範囲を欲張らずに考えてみてください。

お客様のご希望に加えて、より楽しめるプランを一緒に考えご提案したいと思っております。ご意見は、どしどしおっしゃってください。
質問はこちらから
このページのTOPへ